懐かしい味のBBQ!フィリピンのストリートフードに首ったけ~OMING'S KITCHEN

ここのところフードトラックを追いかける機会があまりなかったのですが、このトラックは、少し前にフードフェスティバルの広告で目にしてから気になっていました。

OMING'S KITCHEN - フィリピン料理のトラックです。

(ちなみに私はアジア系フードには目がありません。)

 

 

 

OMING'S KITCHENで作られるフードはいたってシンプル。

「SINUGBA(シヌッバ)」と「LUMPIA(ルンピア)」の2種類です。

どちらもフィリピンの定番家庭料理でありストリートフードなんだそう。

 

 

 

SINUGBAというのはBBQ。マリネした肉を炭火で焼いたもので、こちらではポークベリー(豚の三枚肉)とチキンの二種類があります。

 

マリネに使うフィリピンスタイルのBBQソースは、醤油ベースでたくさん入ったガーリックがポイントで、これに24時間漬けてからじっくりと焼かれます。

甘辛いソースの絡まったお肉は、香ばしくてなんだかとても懐かしい味。

 

LUMPIAはフィリピンスタイルの揚げ春巻き。

ひき肉と野菜のフィリングが薄い皮で包まれたLUMPIAは、中華料理やベトナム料理の春巻きに比べて細くて小さいのが特徴。

指でつまんで食べるのにちょうどいい大きさで、まさにフィンガーフードという感じです。

からっと揚がったLUMPIAに甘いチリソースをつけて食べれば、サクッと軽い食感でいくつでも食べられそうです。

 

 

ここではSINUGBA, LUMPIAをコンボにしたライスボールがおススメ。

この日はポークベリーとハーフサイズの春巻きのコンボをいただきました。ライスがほとんど見えないくらいびっしりとお肉が乗っていましたよ!

 

 

 

オーナーのOmingさんは、フィリピン・ネグロス島のドゥマゲッティ出身で、かの地ではストリートマーケットに行けば必ずこのBBQがいい匂いをさせていたのだとか。その思い出が彼女にこのフードトラックを始めさせるひとつのきっかけになったようです。

(大学卒業後6カ月たっても仕事がみつからず、考えた末にこのフードトラックのビジネスを始めたのだそうです。)

 

何はともあれ、香ばしくて懐かしいポークベリーの味が忘れられないので、しばらくこのトラックを追っかけてしまいそうです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ西部情報へ

Write a comment

Comments: 0